霊園で人生のエンディング~きちんとしておきたい終活~

女性

種類がある

墓地

埼玉にある霊園のタイプは、大きく分けて2つのタイプがあります。1つは宗教法人や財団法人、社団法人などの委託を受けた民間企業が管理・経営している「民営霊園」です。そしてもう1つが各都道府県や市町村など、地方自治体が管理や経営を行っている「公営霊園」です。これらの霊園にはそれぞれ違った特徴やメリットがあるので、埼玉で霊園選びをする際の1つの基準として把握しておくとよいでしょう。

まず、民営霊園の特徴をみていきましょう。このタイプの特徴は、民間運営がされているため多種多様なサービスが受けられるということです。宗教法人が経営母体であっても、一般的には宗旨や宗派不問でお墓を建てられるようになっているのも大きな特徴です。申し込みの際に必要な申し込み制限も少ないので、多くの人のニーズがあるタイプの霊園といえるでしょう。国籍の違いや宗教の違いなどの規約を設けているという霊園も少ないので、お墓を建てる際に要望を伝えると希望するお墓を建てることができます。

一方の公営の霊園の特徴は、各地方自治体が運営母体であるため、運営が安定しており永続性が高いという点が挙げられます。その際の永代使用料や管理費などの費用も、民営霊園と比べると安くなっている場合が多いです。また、民営霊園と同じく宗旨や宗派による制約も特にありません。埼玉や埼玉周辺のエリアには公営・民営どちらの霊園もあるので、どちらが自分たちの条件に合うかを調べておくことが大事です。